TOP
サービス案内
決算書の健康診断
相続税豆知識
経営レポート
写真館
お問い合わせ
 



   死亡の日から7日以内に市町村役場へ死亡届を提出します。医師の死亡診断書・三文

   判が必要になります。葬儀屋さんが届出してくれます。死亡診断書は2通ぐらい取りましょう。

    ↓


   遺言書があると遺言書の内容を前提として手続していきます。まず最初に遺言書の有無の

   確認をすることになります。

    ↓


   亡くなった人、被相続人の財産をもらう権利のある人、法定相続人が決まります。また、各法定

   相続人がどれくらいの財産をもらう権利があるのか法定相続分が確定することになります。

    ↓


   被相続人の財産及び負債の確認をします。この時点で相続税の計算ができるようになります。

   実際に相続税が課税されるかを知ることができます。

   相続財産の確認が非常に大事です。

    ↓


   被相続人が生前確定申告をしていた場合は、死亡後4ヶ月以内に死亡した年の1月1日から

   死亡時までの所得税の準確定申告をします。

   被相続人に不動産収入等があると、その後の通帳等の管理で相続人同士の間でトラ

   ブルになる事もあります。

   納税額がある場合は、申告書は少し簡単です。

   還付額になる場合は、添付書類が少し大変です。

    ↓


   遺産分割協議を法定相続人全員ですることにより相続財産をどのように分配するかを決める

   ことができます。

       もめないことに気を付けて下さい。

    ↓


   相続税を支払う場合は、所轄の税務署に相続税申告書を提出することになります。

   死亡の日から10ヶ月以内に提出することになります。

   相続財産が不動産に偏っていると納税(財源の確保)に気を付けて下さい。

   相続税の納税方法を誤ると・・・

    ↓


   不動産、預貯金、株式などの被相続人名義の財産を各相続人の名義に変更する手続きをします。

   不動産等がいろんな場所にあると、名義変更等にかなりの日数をようします。


 
Top